様々な種類の金属ワッシャー

金属ワッシャーは部材と部材をネジやボルトで固定する際に部材とネジの間に入れることで様々な効果を発揮します。

部品としては小さなものですが、これを利用することによって緩み止めや部材の保護といった重要な役割を果たします。

平座金は広く利用されている金属ワッシャーです。形状は名前の通り平板な薄い円盤状をしています。

部材の止め穴がネジ径に対して大きすぎる場合や部材が傷みやすい材質でできている場合に利用することでネジを締めることができます。

ばね座金はばね状の金属ワッシャーです。

これを利用することでばねの反発力を利用し、ネジの緩み止めを実現します。また、ばね座金の切断面が部材とネジに食い込むことで、さらに緩み止めをします。

テーパーワッシャーは部材のネジの取り付け面が斜めになっているときに使用します。

ネジの取り付け麺が斜めになっていると、ネジを取り付けた時にネジそのものが曲がってしまったり、最悪の場合はネジが折れて部材が外れてしまうことがあります。

この現象を部材の斜め角度に合わせた角度のついているテーパーワッシャーを利用することによりネジをまっすぐ取り付けることができるようになります。

金属スペーサーは他の金属ワッシャーと違い、厚みがあります。スペーサーは部材のネジ取り付け面からネジ頭の距離を取りたい場合に使用します。通常、部材とネジの頭が接着することで部材と部材を固定することができますが、ネジの頭を部材に接着させたくない場合にスペーサーは利用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です