金属ワッシャーの種類と効果

金属ワッシャーはネジ止めにおいてその締まり具合を強固にするために重要な意味を持つばかりでなく、適度な摩擦を与えて可動部分を動きやすくすると言う効果もあります。

そのためネジの寸法にあったものを利用する必要があり、その製造については十分な精度を持っていることが重要になります。

金属ワッシャーの精度を決めるのは熟練した作業者の経験とカンによるところが大きいのが実態です。

最近では精度の高い切削機械を利用することも多いのですが、微妙な精度を出す事は非常に難しく、最終的には熟練した作業者の経験と間に依存するところが大きいのが実態です。

また、金属ワッシャーにはいろいろな種類があり、それらの種類によって利用方法が大きく異なるので、その利用方法に合ったものを製造することが大切です。

その用途によって形状も大きく異なってくるため、その形状を熟知した熟練者が作業を行うことが重要です。

金属ワッシャーは様々な用途に利用されることが多く、普段我々が日常的に目にすることの多いものでなけもあります。

しかしその製造においては非常に厳しい精度が求められ、その製造においては高い技術と経験が必要になります。

現代の日本においてはこうした技術を持っている人は非常に少なく、金属ワッシャーで精度の高いものを製造できる会社が非常に少なくなっています。そのため、様々な工程において従来のような非常に厳しい精度を出せていないと言う実態があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です